社医の募集特集【※人気の求人を見つける方法】

TOP >> 人気の保険会社一覧 >> 日本生命保険の社医求人なら

日本生命保険の社医求人なら

日本生命保険は、全国に100カ所以上支社を展開している大手企業であり、社医も全国で約100名雇用しています。1つの支社に1人の割合ですので、大変知名度の高い会社ですが、社医への転職を希望している方にとっては狭き門となります。また、日本生命保険の社医は勤務条件が良いことでも知られており、社医を募集すると応募がすぐに埋まってしまいます。日本生命保険の社医について見てみると、仕事内容は主に保険加入希望者に対する診査であり、問診や視診、聴打診、検尿、血圧測定、心電図、採血などの知識が必要となります。

日本生命保険では、支社以外にも都市部を中心に7つの「診査センター」を設置しており、来社したお客さんに対して、診査や往診手配を行っています。入社後は、主に診査センターへの勤務となり、その後希望も踏まえて配属地を決定するため、必ずしも自宅近くで仕事に就けるとは限りません。診査センターへのアクセス条件などを踏まえてから、応募することをおすすめします。また、大阪本店では診査よりも、保険金の引受査定・支払査定を主に行っています。そして入社後は、産業医の資格を取り、社員に対する医学的教育や健康管理を行うことも大切な役割の一つです。日本生命保険に応募するために必要とされるスキルは、内科初診程度であり、業務に必要な知識や技術は、入社後に先輩社医の指導のもと習得することができます。そのため、応募時に医師としての経験が少ないことに不安を抱いている方でも、気軽に応募することができます(ただし、研修期間を含めて臨床経験2年以上は必要となります)。入社後も研修会など、スキルアップのためのカリキュラムが設定されており、生命保険に関する幅広い知識を習得することに役立ちます。

このように社員一人一人のバックアップが徹底していることも、日本生命保険の大きな魅力です。しかし、最初に述べた通り、1つの支社に1人の割合でしか就職できないため、正社員となるのはなかなか難しいでしょう。しかし、日本生命保険では年間10万件以上の診査が必要となるため、嘱託医を多く募集しており、非常勤の嘱託医として活躍することも可能です。医師の資格を生かしたい、余った時間を有効活用したいと思ったら、日本生命保険の社医求人に応募してみてはいかがでしょうか。社医の求人情報は、転職支援サイトに多数寄せられており、日本生命保険の社医は、特に非公開求人に掲載されるケースが多いです。

>>トップページで「社医の求人に強い医師転職サイト」をチェック!<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2016 社医の募集特集【※人気の求人を見つける方法】 All Rights Reserved.