社医の募集特集【※人気の求人を見つける方法】

TOP >> 人気コンテンツ >> 査定医としての社医求人

査定医としての社医求人

社医の仕事は、新規保険加入者の健康状態のチェックや、社員が働きやすい環境を作るための指導やアドバイスなど、会社によって様々ですが、特に保険会社で保険契約の査定を行う社医のことを、査定医と呼びます。査定医の仕事は、生命保険の契約締結時の保険引受と、保険金の支払い時に、条件を満たしているかどうか医師の視点から判断することです。新契約引受の査定は、主に心電図・臨床検査結果・告知書および診査書(検診書)・人間ドック成績表・健康診断結果通知書の査定であり、通知書によって社医の診査業務が省略されても、通知書を確認する査定業務は省略されません。

そして保険金・給付金の支払いに関する査定では、入院給付金および手術給付金請求用診断書の査定、死亡保険金請求用診断書の査定、事実確認調査の可否判断です。また、医療では査定医によって意見が異なることがあるので、複数の査定医から意見を仰ぎたい場合に、セカンドオピニオンを希望することがあります。セカンドオピニオンを受け入れている会社の場合、他社の保険加入者の査定も行うことがあります。査定業務は一般的に、トレーニングによって誰でもできるといわれており、医師の資格があれば、臨床経験年数や専門科目などは特に問われないことが多いです。

ただし、査定は医師であれば誰でもできる仕事のため(マニュアルも用意されています)、資格よりもコミュニケーションスキルが重視される場合もあります。特に通知書ではなく直接診査を行う会社では、保険加入希望者の自宅に社医も同行し、会社の顔として礼儀正しく振る舞う必要があります。また、社員の健康相談に応じたり、医療指導を行う機会もあるため、性格に癖のある方や、他の社員と協調できない方にはあまり向いた仕事ではありません。しかし、査定医の勤務形態は、常勤でも週休2日制、9時〜17時という場合が多く、勤務時間が安定していること、平均年収も1,200万円〜1,400万円と高額であることなど、多くのメリットがあります。転勤の心配もないため、自宅から離れたくないという方、家族との時間を大切にしたいという医師にも人気があります。査定医の仕事を探すなら、まずは医師専用の転職サイトに登録することをおすすめします。転職サイトの求人数は圧倒的であり、毎日更新されるため、最新の情報をいち早くチェックすることが可能です。転職サイトを活用すれば、希望の働き方に応じて最適な会社が見つかります。

>>トップページで「社医の求人に強い医師転職サイト」をチェック!<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2016 社医の募集特集【※人気の求人を見つける方法】 All Rights Reserved.