社医の募集特集【※人気の求人を見つける方法】

TOP >> 人気コンテンツ >> 社員の医療相談有りの社医求人

社員の医療相談有りの社医求人

社医の仕事は、主に保険加入者の健康状態の診断や、保険契約や支払い時の査定ですが、会社によっては、その他にも社員の医療教育や、医療相談も仕事に含まれることがあります。社員の医療相談は、産業医業務に含まれるため、医師免許だけでなく、産業医資格も必要になります。産業医資格は、入社時に持っていなくても、あとから取得すればOKという会社も多いですが、資格があれば入社審査が有利になります。

産業医とは、「労働安全衛生法」によって、「企業のなかで、労働者が健康で快適な環境にて仕事できるよう、専門的立場から指導・助言をする医師」と定められています。産業医は、保険会社だけでなく、社員数が50人以上の会社では嘱託(非常勤)、社員数が1000人(一部では500人)以上の会社では専属(常勤)の産業医の雇用が義務付けられています。専属産業医は、会社の正社員となるので、他の社員同様、会社の規則に従う必要があります。産業医の仕事は、劣悪な環境から従業員を守るための現場指導だったり、メンタルヘルスに関するアドバイスなど、幅広く対応しています。病院の医師は患者の健康状態のみを考えて診断書を書く・治療行為を行うのに対し、産業医は社員の職場環境を加味したり、会社に与える影響なども考えながらアドバイスします。治療行為自体はあまりせず、扱う内容も、セクハラ・パワハラ、過労など労務紛争に関する法制度、海外へ出張したときの健康対策など、医療の枠を超えて幅広い知識を期待されるため、一般臨床以外のテーマにも関心を向け、会社全体のことを考えて広く勉強する必要があります。

このように、臨床医と産業医は仕事内容・研鑽する方向性がまったく異なります。産業医には、専属産業医、嘱託産業医があり、自分が希望する勤務形態で働くことができます。産業医に興味があるなら、さっそく転職サイトでチェックしてみましょう。転職サイトは、自分の希望する地域や勤務形態に合った会社を簡単に検索することができます。非公開求人など、一般には出回らない求人も多数存在しており、好条件の転職先が見つかりやすくなります。また、専用コンサルタントがサポートしてくれるため、自分の代わりに希望条件の転職先を見つけてくれたり、有用な情報を教えてくれるなど、多忙な医師の仕事をしていても、有意義な転職活動を行うことができます。社医の転職をより有利に進めたいなら、転職サイトを利用しない手はありません。

>>トップページで「社医の求人に強い医師転職サイト」をチェック!<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2016 社医の募集特集【※人気の求人を見つける方法】 All Rights Reserved.